豊岡簡単査定

不動産売却の流れ

Flow
  • STEP1
    情報収集
  • STEP2
    売却相談
  • STEP3
    調査・査定
  • STEP4
    売り出し価格の決定
  • STEP5
    媒介契約の締結
  • STEP6
    売却活動
  • STEP7
    売買契約の締結
  • STEP8
    決済・物件の引き渡し

STEP1 情報収集

情報収集

不動産売却の第一ステップは、売却価格の周辺相場を調べることです。
不動産会社に売却相談をする前に、売却価格を決めるための事前準備として、自分で相場を調べて、ある程度の価格イメージを掴んでおくとよいでしょう。
不動産の価格はエリアによって変わります。
そのため、売却したい不動産の近隣地域で売却されている不動産の情報を収集しましょう。
また、同じ地域内の物件でも、土地の形状、面積、方位、前面道路の状況、間取り等、それぞれの物件に固有の要素によって価格が異なってくるため、なるべく条件が近い物件の情報を集めることも大切です。

Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP2 売却相談

売却相談

売却したい不動産の相場を把握したら、まずは、依頼する不動産会社に相談しましょう。
相談する際には、事前に売却に向けたおおよその計画を立てておくとよいでしょう。
あらかじめ決めておくべき主な項目としては、売却までのスケジュール(期限の有無、早期売却を希望するのか、あるいはある程度売却までに時間がかかっても良いのかなど)や、金額(最低売却価格など)等が挙げられます。
売却にあたってどのくらいの費用がかかるか、所有不動産の相場、住宅ローンが残っているのか否か等の売主さまの状況次第で、その売却方法は大きく異なってきます。
不動産売却を検討する際、まずは不動産会社に相談しましょう。
ぜひ専門家によるアドバイスを参考にしてください。弊社では、お客さまお一人お一人の状況をもとに、ベストな提案をさせていただきます。

【不動産売却に必要な費用】
 印紙代  【国税】売買契約書に収入印紙を貼り付けて納税をします。金額は不動産の売買価格によって変わります。  登録免許税  【国税】抵当権抹消登記などを行う際に必要。
 不動産譲渡所得税  【国税】不動産を売却した際、売却利益が出た場合に必要。  住民税  【地方税】不動産を売却した際、売却利益が出た場合に必要。
 仲介手数料  不動産会社へ支払う手数料。  司法書士への報酬  抵当権抹消登記などの手続きを依頼する司法書士へ支払う手数料。
 補修/修繕費用  補修・修繕後に引渡しをする場合に必要。  測量/分筆登記費用  境界の確定や土地を切り売りする場合に必要。
 建物解体費用  更地にして売る場合に必要。  ハウスクリーニング費用  早期売却を目指すためにハウスクリーニングをされる方は多いです。費用はお部屋の数や広さにより異なります。
 家財等の処分費用  不要な家財等の処分をする場合に必要。 (グループ企業「株式会社B-side」でも不用品の回収業務を行なっております。)  引越し費用  引越し業者を利用した場合に必要。
Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP3 調査〜査定 

 調査〜査定 

【物件調査】
ご所有の不動産の購入時のパンフレット・権利証・登記簿・建築確認書など、なるべく具体的な内容が記されている資料を事前に用意しておきましょう。
あらゆる観点からの調査を実施します。物件そのものの調査だけでなく、法律面での制限や地域ごとの特性、権利関係などを事前にしっかりと調査・把握しておくことで、トラブルの発生を防止し、円滑に取引を進めていただくことを可能にします。
ご売却予定の不動産の室内の状態、設備の状態、管理の状態など、実際に現地にて調査し、細部まで確認します。また、役所での調査、法務局での権利関係等の調査も行います。


【無料査定】
お客様のご所有不動産を「無料」で査定させていただきます。
調査結果をもとに、周辺の成約事例・売出事例などを参考にしつつ、まず売却予想価格を試算します。
さらに、そこに周辺地域の特性・経済情勢・住宅市場の需給動向などを加味して、最終的な査定価格を算出します。
査定価格は、おおよそいくらで売却することができるかの「目安」となるものです。

Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP4 売り出し価格の決定

売り出し価格の決定

不動産会社と相談しながら、売り出し価格を決定します。
その際、「とにかく早く売りたい」「それほど急がないので、少しでも高く売れるように挑戦したい」などの要望をしっかりと伝えた上で、不動産会社のアドバイスをもらうことが重要です。
そのような売主さまのご要望を考慮した上で、さらに、周辺地域の取引事例、売出事例、類似物件の販売状況などを加味して売出価格をご提案します。
また、売り出し価格の決定に際しては、査定の結果と事前に売主さまが調べていた相場情報を踏まえて、売主さまご自身が納得のいく価格に設定していただくことが大切です。
最終的な決定権は売主さまにありますが、担当者とよくご相談の上、決定していただくことをお勧めします。

Webで簡単 豊岡簡単査定
成約実績

STEP5 媒介契約の締結

媒介契約の締結

正式に売却を依頼される場合、不動産会社と売主さまとの間で媒介契約を締結します。
媒介契約の種類は以下の3つに大別されます。

■ 専属専任媒介契約 ■ 専任媒介契約 ■ 一般媒介契約

■ 専属専任媒介契約とは?
買い手を探す売却活動を特定の1社のみの不動産業者に依頼し、その他の不動産業者に重ねて売却依頼をすることができない契約です。
不動産業者は、依頼主に対して、1週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を書面・メール等で報告することが義務づけられています。
また売主さまご自身で購入希望者を見つけ、買主と直接契約すること(自己発見取引)はできません。

■ 専任媒介契約とは?
「専属専任媒介契約」と同様に、約売却活動を不動産会社1社に任せる契約で、その他の不動産会社に売却依頼することはできません。
ただし、自己発見取引が認められている点が異なります。
また、不動産業者は、依頼主に2週間に1回以上の頻度で売却活動の状況を書面・メール等で報告する義務があります。

■ 一般媒介契約とは?
複数の不動産業者に重ねて仲介を依頼することができる契約で、自己発見取引も認められています。
専属専任媒介契約や専任媒介契約と比べて売却活動の範囲が広くなるため、より幅広く購入希望者を探すことができます。
ただし、不動産業者に売却活動に関する内容の報告義務がないため、売却活動の状況を把握するには、売主さま自ら各不動産会社に連絡して確認する必要があります。

他社への依頼 自己発見取引 レインズへの登録義務 売主への状況報告 契約の有効期間
一般媒介契約

OKpanorama_fish_eye

OKpanorama_fish_eye

任意

制限なし

専任媒介契約

NG close

OKpanorama_fish_eye

必要 panorama_fish_eye(7営業日以内)

2週間に1回以上

3ヶ月以内

専属専任媒介契約

NGclose

NGclose

必要panorama_fish_eye (5営業日以内)

1週間に1回以上

3ヶ月以内

Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP6 売却活動

売却活動

媒介契約の内容に基づいて、不動産会社が売却・買い手募集のための販売促進活動をスタートさせます。
自社ホームページやSNS、広告(新聞折り込み等)、自社発行の不動産総合情報マガジン『ライフィットタイムズ』やタウン情報誌(不定期)、大手ポータルサイト、指定流通機構「レインズ」などに物件の情報を掲載(登録)します。
さらに、自社で登録している購入希望者へも情報発信をし、買い手を見つけるための活動を行います。
問合せ件数・引き合い件数など細かく確認し、反響が少ないようであれば、場合によっては、募集価格の変更を検討することも必要になります。
なお、媒介契約の種類によって状況報告を受ける頻度が異なることに注意しましょう。
広告を見て興味を持った人から不動産会社が問い合わせを受け、希望者に物件の案内・説明(内覧)をします。
内覧の実施に際しては、仲介する不動産会社に全てを一任しても問題はないですが、居住中の場合の内覧は、基本的に売主さまが立ち会って案内・説明をおこなうことが通例です。
購入検討者の見学希望日は一般的に週末が多いため、売主に予定がある場合は事前に担当者にその旨を伝え、あらかじめ日程調整を行っておきましょう。
内覧の日程が決まったら、前もって準備にとりかかり、なるべくよい状態で物件見学を行ってもらえるようにすることが大切です。室内のなかでも、汚れが目立ちやすい水回りや玄関回りをとくに重点的にに清掃し、室内を明るくしておくなど、良い印象を持ってもらえるように念入りに準備をしましょう。
さらに、戸建て住宅などの場合には庭などにも目を向け、きれいにしておくと良いでしょう。
売主さま自身も清潔感のある身だしなみを意識して、質問には丁寧に笑顔で答えるよう心がけましょう。
近隣のスーパーマーケットの情報など、実際に生活していく上で役立つ情報を伝えられるとなお好印象です。
また、建物の場合にはオープンハウスを開催することも早期売却の実現に繋がります。
オープンハウスは、売主がまだ居住中の間に、家を開放して、購入希望者に自由に見学してもらう(不動産会社の担当者が常駐して、内覧に訪れた人を案内する)という販売方法です。

■自社ホームページへの・各種SNSへの掲載パソコン・スマートフォンから簡単に検索できます。

■広告の掲載新聞折り込みなど。近隣へのチラシ配布を行います。

■指定流通機構「レインズ」への登録当社の顧客以外からも広く買い手を探します。

■オープンハウスや現地案内会の開催実際に買い主に物件をご案内して、見学していただきます。

■自社発行雑誌「ライフィットタイムズ」への掲載その他、タウン情報誌(不定期)への掲載。

■ポータルサイトへの掲載パソコン・スマートフォンから簡単に検索できます。

■自社で登録している購入希望者への情報発信購入希望者(当社顧客)の中から買い主を見つけます。

Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP7 売買契約の締結

 売買契約の締結

物件の売主と買主が条件や価格の面で合意に至った場合に「売買契約」を締結します。
契約に先立って、宅地建物取引士(宅建士)が重要事項説明を行い、売主・買主双方が納得したうえで契約書に署名・捺印することで契約成立となります。
また、用意した書類をもとに本人確認を実施し、本人確認ができたら手付金の授受をおこないます。
契約締結後、印紙が適切に貼り付けられた契約書を売主・買主が一部ずつ持ち帰ることになります。
なお、売買契約締結に際して、どうしても売主と買い主のスケジュールが合わない場合には、手付金領収書の受け渡し方法・手付金の支払い方法などの契約上の重要事項をあらかじめ決定しておき、署名・捺印を別日に行うこと(持ち回り契約)も可能です。
売買契約の締結にあたっては、事前に必要書類を準備しておきましょう。
売買契約での売主の必要書類は以下のとおりです。


【売買契約時に必要なもの】
■登記済権利証
■実印
■印鑑証明書(発行から3カ月以内のもの)
■売買契約書貼付印紙または契約印紙代
■本人確認書類(免許証・パスポート等)
■仲介手数料の半金(税別)
■設備表
■物件状況報告書
■固定資産税納税通知書
■建築確認済証
など

Webで簡単 豊岡簡単査定

STEP8 決済・物件の引き渡し

 決済・物件の引き渡し
物件の状況を改めて確認した上で、売買契約時に定めた内容にもとづいて、残代金決済・買主への物件(鍵)の引渡しを行います。


【決済】
残代金決済では、買主から、手付金を除いた売買代金の残代金を受領し、引き渡し日を基準として固定資産税や管理費(マンションの場合)等の清算を行います。
売却する不動産に住宅ローンの残債がある場合、解約や抵当権の抹消手続を行う必要があります。なお、ローンを解約するためには、残債をすべて返済する必要がありますが、返済代金には買い主から受け取った売買代金を充当するのが一般的です。
また、抵当権の抹消手続は、通常、司法書士に依頼します。


【引き渡し】
決済が完了したら、売却する不動産の引渡しを行います。
決済時に行う所有権移転登記(これは基本買主負担になる)等の申請は、登記を代行する司法書士に依頼します。
引渡し日が決まったら、その日までに引越しの手続きや公共料金などの精算を済ませておきましょう。
また、建築確認書類や住宅設備の資料等があれば引き渡し時に渡せるよう準備しておきましょう。
引渡し当日は買主立ち会いのもと、物件・土地の状況について最終確認をし、これをもって、売却手続きが全て完了となります。

【引越しに関する関連リンク】
■引越しの豆知識
■引越しの諸手続き一覧
【決済・物件の引き渡しの主なステップ】
①残代金の受領 手付金と内金を差し引いた売買代金の残額を受け取ります。
② 登記申請書類の確認 所有権移転登記の申請を行います。登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、登記申請を依頼します。
③ 諸費用の支払い 売渡し費用(登記)、仲介手数料を支払います。
④ 固定資産税等の精算 固定資産税、管理費、修繕積立金などを清算します。
⑤ 鍵の引渡し お住まいの鍵を引渡します。
⑥ 関係書類の引渡し 管理規約、建築確認書、パンフレット等の関係書類を引渡します。
⑦ 抵当権抹消手続き 売却する不動産に住宅ローンの残債がある場合は、抵当権の抹消手続を行います。
    【売主が事前に準備する主なもの】
  • ■権利証(登記済証・登記識別情報等)
  • ■印鑑証明書(登記申請日時点で発行後3ヶ月以内のもの)
  • ■住民票(住所変更登記がある場合)
  • ■本人確認書類(免許証・パスポート等)
  • ■固定資産税納付書、住民税決定通知書
  • ■管理規約、分譲時パンフレット、建築確認書等
  • ■売却物件に付随する全ての鍵
  • ■抵当権抹消登記に必要な関係書類等
  • ■登記費用
  • ■実測図や境界確認書(必要な場合のみ)
  • ■残代金や各種精算金等の領収書(口座振込の場合は振込控えで代替する場合もある)
  • ■仲介手数料(媒介契約書の支払条件に基づいて準備する。)
  • ■鍵🔑
  • ■宅配ボックスのカードキー、ポストの暗証番号
など ※登記をオンラインで申請する場合は準備するものが異なることがあります。
Webで簡単 豊岡簡単査定
成約実績
Webで簡単 豊岡簡単査定
査定スタート