豊岡簡単査定

住宅ローンの返済でお悩みの方へ

もしも、住宅ローンが払えない状況に陥ってしまったら…

生活環境の変化(離婚や離職など)に伴い、住宅ローンが払えない方、今はなんとかなっているがいずれ払えなくなるという状況にある方も 不況や災害、コロナ禍による影響で、近年、増えてきています。

住宅を購入する際、多くの方が利用する「住宅ローン」ですが、もし、支払いが難しくなり「滞納」の状態が続くとどうなってしまうのか?…

最終的には住宅が「競売」にかけられてしまい、強制的に売却されることもあります。

そうなる前に、一度、我々にご連絡ください。

ライフィットグループでは「任意売却」(銀行などの債権者の同意のもとで、所有者の意思のもとで売却すること)をオススメしております。 今まで通りの生活を続けるためにも、まずは弊社にご相談ください。

ex 住宅ローンの返済が難しくなってしまった例

  • リストラがきっかけで今まで通り住宅ローンを支払う事が出来なくなりそう。
  • コロナ禍の昨今。給付金の対象とならず、資金繰りが厳しくなりそうだ。
  • 不況の煽りでボーナスがカットされ、返済が難しくなった。
  • 離婚を考えているが、夫婦の共有名義で購入した為、離婚後の住宅ローンがどうなるか心配。
  • 滞納が進むとどうなってしまうのか分からない。
  • 取り立てや競売が怖い、不安だ。
  • 滞納が続いてしまい、督促状や競売開始決定通知が届いてしまった。
  • 滞納していることを、職場や近所の人にバレたくない。
  • 離れて暮らしている親が住宅ローンを滞納している場合、どのように対処したらよいか。etc

もし、住宅ローンを滞納してしまったらどうなる?!・・・

約3ヶ月間、住宅ローン滞納・延滞の未払い状態が続いてしまうと、銀行などから催促・督促状が届くようになり、残債を一括請求されます。
また、債権が保険会社から債権回収会社に移行し、裁判所から競売開始決定通知が届きます。
そのまま何もしないで放置していると「競売」にかけられてしまい、強制的に売却が進められる可能性があります。
また、住宅ローンの滞納が続くと、信用情報機関の個人信用情報に滞納履歴が事故情報として登録される可能性があります(一般的に住宅ローンの返済などを3回以上滞納した時点で登録されると言われています)。
個人信用情報に傷がつくと、約5年間は住宅ローンやカードローンなどの金融商品が利用できなくなる可能性があります。

早い段階でのご相談が重要となります!!

ご相談の時期によっては、残念ながら時間切れとなってしまうケースもございます。 もう少し早くご相談いただく事で解決できた、というケースも多々見られます。 住宅ローンのことで少しでも不安に感じることがありましたら、お気軽にご相談いただくことをお勧めいたします

「任意売却」

「任意売却」とは?

債務者が住宅ローンに付保及び付加された抵当権及び根抵当権、差押等が完済できず、多額の債務が残る場合において、債権者の同意を得て、差押解除及び抵当権抹消をしてもらう任意の売却方法を指す。(引用: Wikipedia「任意売却」)

つまり、「任意売却」とは、融資を受けた金融機関など(債権者)の了承を得て、所有者(債務者)の意志(ある程度の希望条件)のもと、 一般市場にて不動産(建物や土地)を売却させてもらうことを言います。

    【任意売却のメリット】
  • ①「競売」を回避できる可能性がある!
  • ②自分の意思で売却ができる!
  • ③周りの人に知られずに進めることができる!(所有者の情報を非公開にできる)
  • ④納得できる価格で売却を進めることができる!
  • ⑤ローンの残債を分割で支払うことができる!
  • ⑥手数料を売却額の中から差し引くことができる!(自己資金から支払わなくても良い)
  • ⑦引越し費用の負担を軽減できる可能性がある!
  • ⑧引渡し日の希望を相談できる!etc

まずは、今の状況を弊社まで
お気軽にご相談ください。
何から始めたらいいか、
専門スタッフが親切・丁寧にご説明いたします!